U.K.

みなさんお久しぶりです。

今日は番外編という感じです。

先月イギリスまで行ってきたのでそちらの報告と感想を

まずなぜイギリスに行ったかというと「ロンドンキャリアフォーラム」というものに参加するためです。

ではこのロンドンキャリアフォーラムは何なのかというのをザックリ説明して行きたいと思います。

ロンドンキャリアフォーラムというのはバイリンガルの日本人の学生向けの合同就職説明会です。

参加条件は色々ありますが最低限の条件は1年以上海外に留学していることだったと思います。

土日に渡って説明会、企業によっては面接を実際に受けて内定が取れたりします。(事前応募が必要な場合が多い)

日本で数多く行なわれてる合同説明会と比べのメリットというと、

まず参加している企業が大きな企業が多いこと。

そしてその場で内定が取れるとこと。この2点だと思います。

海外で留学している学生にとっては非常にいい仕組みだと思います。

ちなみに11月にはアメリカはボストンでロンドンよりも大きな規模のキャリアフォーラムが開かれます。

こちらの方が規模が大きいために良く知られている気がします。

僕がこのキャリアフォーラムに参加した目的としては大きく2つ

・企業の説明会への参加

・周りの学生のレベルを知る

です。

理由としてはやはり今のところこの留学が終わったら就職を考えているよで競争相手となる人達のレベル知ることが大事だということ、説明会に参加したことがなかったので実際に企業で働く人の生の声を聞きたかったという感じです。

今回特に驚いたのはそこに参加ていた学生のレベルです。

自分と同じ1年留学してる人が多いのかな〜と思っていたのですが全然そんなことはなく、大学が最初から海外、海外の大学を卒業して海外の大学院に通っている人が結構な数でなかなか驚きました。

あと日本語がめちゃくちゃ上手な外国人というパターンめありました。

英語だけで就職が有利になることはなさそうだと痛感

もし英語が非常に上手な人でもそれだけではダメなんでしょうね。と今回の参加者の多さを見て思いました。、
あとキャリアフォーラムは名前の通りロンドンで開かれたのですが、オックスフォードに大学の友達が留学しているのでついでに会ってきてイギリスでの留学の話を聞いてきました!

フィリピンで勉強している自分と比較して違いを少しお話しさせていただきます🙂

・学校での勉強時間

・金額

・対人関係

・英語

・余暇

まず学校での勉強と金額一気に書かせていただきます。

僕の友人は大学の語学学校に通っていて、授業時間は非常に少ないという印象がありました。だいたい午前中で終わり週に2回午後までという感じです。

…少なくっ!

という正直な感想(笑)

しかしトータルでかかるお金はこちらの約倍程

なるほど…という感じですね笑
続いて対人関係、まあ友達についての話です。

さすがはイギリス色んな国から留学生が来ています。

僕が会っただけでも、ロシア、スペイン、フランス、コンゴ、イタリアの人がいました。

そして、面白かったのが日本人がチヤホヤされないこと(笑)

フィリピンでは自分が日本人だと言うと大抵の人が「おお〜っ」となって興味を持って話しかけてくれる場合が多いです。

ところがイギリスでは日本人だと言うと「ヘェー」となってそれまで続けていた会話が続行されました(笑)

正直フィリピンでのリアクションに慣れていたので寂しかったですね笑

あと、みんなの会話で面白いなと思ったのがお酒を飲んでいるときに政治の話になったこと。

日本では僕の周りのだけの話かもしれませんがお酒の席で政治の話になることはなかなかありませんでした。

しかし、EU圏内であると関係が密接なためか普通に会話に出て来ました。内容としてはもちろんEU圏内アメリカのトランプなどについてなど

これは非常に興味深かったです。
続いて英語について

授業時間そんなに無いのに英語上手くなるの?って疑問になると思います。僕も思いました。笑

しかし僕の友人は3月にイギリスに来て1ヶ月たった状態で会ったのですが見たところ特に問題はなく話していました。

考える理由としては

・英語圏であること

・ホームステイであること

この2つがベースにあると思います。

やはり当たり前ですが英語圏ですので日常生活で基本誰と喋っても綺麗な英語が返ってくるというのはいいのかなと思いました。

あとやはりホームステイなので家の中でも英語を話さないといけないので英語に触れている時間が長くなります。そして聞く話によるとホストファミリーでは同時に複数の留学生がいることが多いのかなようです。

もちろん留学生同士でもコミュニケーションをとるのでそこはいいところでもあるのかなと思いました。

方や僕は一人暮らしですので自分から機会を作っていってる感じです。

これだけ聞くと授業少なくても全然イギリスいいやん!となるかもしれませんが僕は決してそうは思いません。

なぜならやはり日常会話ができ不自由はく英語聞き取ることもできたとしてもアカデミックな事も話せないとダメだと個人的には思います。

アカデミックとまでは行かなくてもフォーマル、カジュアルや英語のキチンとした使い分けは必須かなと

あくまで僕の目標がビジネス英語の獲得なのでその観点からの意見ですが…

あと現地の人の英語はイギリス英語でしたので最初は中々聞き取るのが難しかったです……
そしては最後に余暇

これはただ単に連休にヨーロッパ諸国に行けるから羨ましい!

というだけです(笑)
オックスフォードは個人的には落ち着いていて確かに勉強にはいい街だなぁと思いました。

余談ですがビールがものすごい種類が多くて天国でした(笑)フィッシュ&チップスも美味しかったです。

あと、物価はもちろん安くないです。

特にフィリピンから行ったためすべてがかなり高く感じました。
また就職活動が終わったら旅行にでも行きたいという感想で終わらさせていただきます(笑)

それでは

Long long time no see

どうもお久しぶりですyuya です。

最近何かとやる事が多くて更新が滞っていました…

すみません。

さてさて、実は先週から語学学校を終えて、大学の方に移りました。


大学の方は制服があり、今はサマーシーズンなのでこのようなポロシャツを着て通っています。

色はネイビー、臙脂色、黄色、グレーとこのグリーンといった感じで自由に選べるのです。

ネイビーがほしかったのですが、人気なのか売り切れで買えず…

グリーンと臙脂色のシャツを買って着ております。

サマーシーズンが終わるとかっちりとしたスーツになります。
さて肝心の授業ですが、すごい大変です。

何が大変かというと大きく分けて2つ

・授業そのもの

・友達作り

授業そのものはやはり科目によって専門の単語が出てくるので中々辛いところはあります。

ちなみに自分がとっている授業は以下の通り。

4つだけだから楽じゃんと思いますでしょう?

全然そんなことないんですよこれが、、

Principal of Management の授業では1番最初の授業でグループを組み、1つの調査に関する記事を読んでプレゼンをすることに…

その調査記事17ページにわたり英語がびっちり敷き詰められていました。

もちろん専門用語や難しい単語ばかりなので辞書から手が離せない状態でなんとか読みました。

そしてそこから分析してプレゼンを作るとなるともう大変

チームメイトに迷惑かけないように必死でした。
そして2つめの友達作り

友達作りというと少し語弊があるかもしれませんね、正しくはクラスメートとのコミュニケーションといったほうがよいかも

大学の方になると今までの語学学校の生徒とは打って変わってみんな流暢に英語を話します。

速いしそんなハッキリしゃべらないしでリスニングの超難しいテストを常に受けてるような感じす(笑)
というかんじで色々苦労しています。

これまでは語学学校の方にはかなり慣れて、少し退屈になってきたかな〜と思っていたのですか、今は退屈してる暇なんてありません(笑)

なんとかおいて行かれないように頑張っていきます😅
ではでは